a0011_000231

自分が持っていて、もう使わないジュエリー、デザインが古くなったり、両親などから贈られて、実際には身に着けていないものをは、買取ってもらって、そのお金を使って気に入ったものに買い換えるという方法があります。

そんなジュエリーの中でも、特に価値が高く、高額買取が可能になるのがダイヤモンドです。

ダイヤモンドを買取業者に出してみようと考える人なら、手持ちのダイヤで必ずチェックされる項目を知っておくのは大切です。

手元の宝石のグレードを知って、どう評価が変わってくる可能性があるか情報を整理して理解しておけば、高く買ってもらう準備ができます。

購入したときにも、ダイヤのカラー、カット、内包物、カラット、透明度、蛍光性、光の反射具合、輝きを店で確認したと思います。

鑑定機関が出したダイヤモンドグレードをあらわす鑑定書が商品についていたはずです。

鑑定書はダイヤに特有のもの。

他の宝石には鑑別書が出ているケースもあるでしょう。

購入したときのダイヤの状態、価格、グレードと宝石店によっては、鑑定書付きではない状態で販売しているところもあるかもしれません。

婚約指輪はプラチナやゴールドのものを選ぶことが多いでしょうし、買った時の状態をキープして、買い換えの際などに買取りに出したり、リフォームを考えるといいでしょう。

プラチナや金は時価で取引されるため、レートによっては購入時に比較して、価格が上がっていることもあります。

買取り店は無料サービスでダイヤモンド鑑定を行い、買取価格を査定します。

その鑑定の際のポイントも鑑定士が目視状態でカラーグレード、品質、クラリティ、インクルージョンなどを確認しています。

ダイヤモンドランクでは、高級ダイヤモンドとされるものは、石の色に黄色味がなく、色味がクリアで黄色がないものが価格も価値も高く質が良く市場価値も高いとされています。

色鑑定で希少性が高いとされ、カラー評価は無色が基準で、色があるものと差をつけていくのが条件です。

ランクで言うと、カラーがない方がランクアップします。

カラーダイヤモンドはさまざまなカラーがあります。

ピンク、レッド、ブルー、ブラックやイエローのカラーダイヤもあります。

カジュアルなファッション性を重視するタイプのダイヤモンド選びで、ネックレスなどにも良く使われています。

ダイヤネックレスのデザイン性を重視したものです。

予算も手ごろで最高ランクのダイヤモンドグレードではないけれど、おしゃれを楽しみたい時には最適でしょう。

▼サイトもご覧ください!⇒
ダイヤ買取は宝石専門店で